日常・趣味を語る

趣味(アニメ・ゲームなど)や現在注目していること(IT・PC系)を語ります。

ストーリーの奥深さNo1!科学アドベンチャーシリーズを一挙紹介!!

f:id:Salieri:20181017204445p:plain

 今回は私が最も好きなゲームシリーズである「科学アドベンチャーシリーズ」を紹介します。

はじめに ~科学アドベンチャーシリーズとは~

科学ADVシリーズ(科学アドベンチャーシリーズ)とはMAGES.(5pb.)ニトロプラスのコラボレーション企画です。

MAGES.代表取締役社長の志倉千代丸さんが企画・原作を手掛けています。

現在発売されている科学ADVシリーズ作品は以下の5つです。()は続編。

Chaos;HeadSteins;Gate(0)Robotics;Notes(Dash)Chaos;ChildOccultic;Nine

なお、このほかにも

Anonymaus;Code

が発売予定です。

 

 

シリーズ共通「秀逸な科学ADVの特徴」

1.現実に即したSFな世界観

このシリーズで登場する単語・ことがらは、たいていこの現実世界でも存在していて、発生する事件などをとても説得力のある展開で解明していきます。

具体例で言うとこじつけかもしれませんが、超能力やタイムマシンの存在を現実の理論や事柄を用いて解釈しています。

もちろん現実に存在しない都合の良いものも多少なりともありますが・・・

ですが、超能力やタイムマシンを現実に存在する理論で論理的に解釈できていると思うとすごいと思います。本当に存在するのではないのかと思うくらいです。

このように、このシリーズは世界観はSFの世界に近いのですが、より現実感を感じることができます。

 

2.驚愕のストーリー展開

全科学ADVシリーズは、概ね「とある組織の陰謀を阻止する」というストーリーで進行していきます。ミステリー・シリアス系と思ってもらって良いです。

事が進むまではよくある日常が描かれていますが、組織の陰謀によってキャラクターたちの平和な日常が奪われていってしまいます。

科学ADVシリーズで最もいえることは、常に想像の超えるストーリーを展開しているということです。

この予想外のストーリー展開を可能にしているものが、シリーズを通して各所に張られた伏線の回収だと思います。

伏線回収は他の作品でも素晴らしいものがあります。

しかし、この伏線はいつも想像のななめ上をいき、予想外のストーリー展開をもたらします。

また、このシリーズは伏線を回収したところでまた別の伏線を絶え間なく繋げてきます。

一つ一つのキャラクターの行動・言動にも関連しています。

というよりもOP・EDも含めたすべてのことに対して何かしらの伏線・意味があるように思います。

この伏線があるからこそ常に予想できないストーリー展開を楽しむことができるのです。

 

3.絶対的で強大な権力を持つシリーズ共通の黒幕

科学ADVシリーズには共通の敵である、ある組織が常に暗躍しています。

その組織は、300人委員会と呼ばれています。

この300人委員会は、全世界を支配することを目的としています。

選ばれた優秀な人間のみを生かし、その他の人間は切り捨てようという考えのもと行動しています。

300人委員会はほとんどの企業、研究機関、行政などをすでに支配しているため、300人委員会の権力は絶大というほかありません。

そんな絶大な権力を持った300人委員会は、あらゆる手段を用いて計画を成功に導こうとしています。

あるときは超能力を、またあるときはタイムマシンを利用して、このほかにもさまざまな方法を用いて計画を成功させようと企んでいます。

 

4.シリーズ内作品の世界の統一

科学ADVシリーズは同じ世界を共有しています。

そのため、シリーズ内のある作品のキャラクターがシリーズ内の別の作品に登場するのです。

ある作品で奮闘した主要なキャラクターが、シリーズ内の別の作品でも陰から支援し、300人委員会の計画を阻止しようと奮闘しているのです。

実際にそのことを描いているシーンもあります。

そのため、シリーズ内の1つ1つの作品は独立した個別ストーリーになっているのですが、シリーズ作品すべてを考えてみると、大きな一つのストーリーとなっているのではないかと思います。

 

5.個性的・魅力的なキャラクター

科学ADVシリーズは、多数のとても個性的なキャラクターが登場しています。

引きこもり一歩手前だったり、痛い厨二病をこじらせていたり。

もちろん、まともなキャラクターもいるのですが、その数と同じくらい、おかしな個性的なキャラクターもいます。

しかし、その個性的なキャラクター達の会話はとてもおもしろ可笑しく、日常パートでは退屈せずに楽しみながら進めていくことができます。

そんな個性的なキャラクター達ですが、仲間が危機に陥ったとき、いままでのヘタレの自分と葛藤し、仲間を助けるか迷うこともあります。

しかし、そのヘタレの自分との葛藤を乗り越えて、自分が最も大切にしているものを守る ーたとえ別の大切なものを失ったとしてもー ために行動していくのです。

別の大切な何かを失ったとしても、最も大切なものを守るために行動すること、

そしてその葛藤をとても上手く表現していることが、

科学ADVシリーズの1つの大きな特徴ではないかと思います。

 

6.科学ADVの世界を意識させるOP・ED

 科学ADVシリーズは、ストーリー展開が素晴らしいことは上で述べたと思います。

しかし、それにも劣らないのがOP・EDのできだと思います。

OP・EDはどの曲もメロディーのいい曲です。

OPはテンションが上がるように、またその作風を表すように

EDはあるときは絶望感を、あるときは気持ちの浄化をもたらすように非常に上手く作られています。

ですが、このシリーズのOP・EDのすごいところはその歌詞にあると思います。

特に、OPについては特に言うことができます。

結果から述べると、OPの歌詞はその作品のストーリーをおおまかに表現しつつ、伏線もある程度残すようになっています。

OPはまず初めに、ストーリーの再序盤に流れるのですが、そのときはまだ歌詞の意味はよくわかりません。

それに歌詞を考える前にまずはメロディーのほうに気が向くと思います。

そして、すべての作品をやり終えた後、OPを聞いてみるとその歌詞が意味することが分かってくるのです。

それは何度も何度も聞くことでよりストーリーにはまっていける曲ではないかと感じています。

以下にOP・EDへのリンクを貼っているので見てみて下さい。

なお、OP・EDでネタバレになることはないです。

厳選したつもりですが、多くなり申し訳ないです。

どの曲もよい曲なので見ていってください。

PS3版『CHAOS;HEAD NOAH』オープニングムービー

Xbox 360版「シュタインズ・ゲート(STEINS;GATE)」OP

Steins;Gate 0 PS3/PS4/Vita OP - Amadeus

ROBOTICS;NOTESオープニングムービー

ロボティクスノーツ(アニメ版) ED

拡張科学ADV『ROBOTICS;NOTES DaSH』(PS4 / Switch)オ―プニングムービー

PS版『CHAOS;CHILD』オープニングムービー

Itou Kanako - silent wind bell - Chaos;Child True ED (Full subs) ←超浄化ED

ゲーム『OCCULTIC;NINE』オープニングムービー

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- Ending (ED) 01 HD / Open your eyes - Asaka

 

第1作 Chaos;HeadChaos;Head Noah)

f:id:Salieri:20181226155820p:plain

あらすじ

西條拓巳は、引きこもり一歩手前の高校二年生。「三次元に興味はないよ」と言い切り、部屋で大量の美少女フィギュアに囲まれて生活している。彼が住む渋谷では、「ニュージェネレーションの狂気(ニュージェネ)」と呼ばれる連続猟奇殺人事件が起きていた。その犯人はいまだ捕まっておらず、ネットやテレビを騒がせている。ある日チャットをしていると、「将軍」と呼ばれる謎の存在から、次のニュージェネ事件を予言するようなグロ画像が送られてきた。翌日、拓巳は学校帰りに、まさに予言された通りの殺され方をした、凄惨な事件現場に遭遇する。そしてその遺体の前には、血まみれの少女ーー咲畑梨深が立ち尽くしていた。

 
PS3版『CHAOS;HEAD NOAH』プロモーションムービー

 

第1作目といえども、ストーリーの完成度は高い今作。

連続猟奇殺人事件などホラーな要素が関係してくるため、雰囲気はかなり暗くホラーでシリアスな作品となります。

この作品に関しては、アニメをみることはおすすめしませんので、興味がある方は先にゲームをやった後にアニメを見ることを強く推奨します。

なお、Chaos;Head Noahが完全版とされています。

Chaos;Head(無印)とNoahの違いは各ヒロインへのルートがあること等です。

 

キーポイント

連続猟奇殺人事件「ニュージェネレーションの狂気」

ストーリーは渋谷を舞台に発生する連続猟奇殺人事件「ニュージェネレーションの狂気」と呼ばれる事件を中心に展開していきます。

この連続殺人事件は、直視できないような惨い殺人事件が連続で発生し、その残忍さから「ニュージェネレーションの狂気」と呼ばれるようになりました。

*本当にグロテスクですので、苦手な方は直視しないことをおすすめします。

そして、この殺人事件の真相とキャラクターたちの関連を交えながら、事件は進行していきます。

 

 超誇大妄想家(ギガロマニアックス)

科学ADVシリーズのChaos系作品にはこの超誇大妄想家(ギガロマニアックス)という言葉がよく出てきます。

ギガロマニアックスは簡単にいうと、妄想を現実に反映させることができる能力(リアルブート)を持っている人間のことを指します。

また、ギガロマニアックスとして目覚めると「ディソード」という剣のような物体が見えるようになります。

ギガロマニアックスはこのディソードを使って、妄想を現実に反映させることができるようになります。

このリアルブートの仕組みはゲーム内で論理的かつ説得力のある説明されています。

ニュージェネ事件にもこのギガロマニアックスが深く関わっています。

 

 ゲーム商品

Chaos;Head Dualには本編「Chaos;Head Noah」とファンディスク「Chaos;head ラブchuchu」の二本のソフトがセットになっています。

 

第2作 Steins;Gate

f:id:Salieri:20180919122018p:plain

あらすじ

岡部倫太郎ーー通称オカリンーーは、いまだ厨二病から抜け出せない大学生。自称「狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真」を名乗り、「未来ガジェット研究所」という、メンバーわずか3人だけのサークルでヘンテコな発明をする日々を送っていた。

そんな彼らがある時偶然から過去へと電子メールを送れる発明品、即ち「タイムマシン」を生み出してしまう。ーーー

 SERNジョンタイター幻のレトロPC「IBN5100」タイムマシンバタフライ効果タイムトラベルにおける11の理論ーー

いくつもの要因が偶然に重なり合ったとき、秋葉原から巻き起こる世界規模の大事件!

”未来への選択”をゆだねられたオカリン達が下す決断とは?

 

STEINS;GATE PV 第2弾

 

キャラクター・世界観・ストーリー、どれをとっても非常に完成度の高い作品です。

 各ヒロインとのストーリーも描かれていて、最後の伏線回収は見事だと言わざるを得ないです。

世界線の収束に抗う主人公・岡部倫太郎の苦しみがすごく伝わってきます。

どちらも助けたいが、どちらかしか助けられないという現実に抗い続ける主人公・岡部倫太郎の感情・行動に注目です。

私が知っているアニメの中でこれほど緻密なストーリーになっているものはないと言っても過言ではないかもしれません。

 

キーポイント

タイムマシン・タイムリープマシンを利用した時間跳躍(タイムトラベル)

Steins;Gateシリーズで世界線と並んで最も重要なポイントです。

岡部倫太郎をはじめとしたラボメンたちは、タイムリープマシンをまずは完成させます。

そのタイムリープマシンを使ったタイムトラベルの実現を簡単に説明すると、現時点の自分の記憶を過去の自分の記憶に上書きをするという方法で実現しています。

もちろんその方法にも説得力のある解説がありますが、詳しくはゲームで確認してみてください。

そして、このタイムリープマシンを開発してしまったせいで、岡部倫太郎をはじめとしたラボメンたちは、逃げ場のない苦しみと後悔をすることになっていってしまうのです。

世界線

今作の世界線とは、パラレルワールドみたいなものです。

ここでは、今作で出てくる「世界線の収束」と呼ばれる現象について簡単述べてみようと思います。

例えば、ある日、学校・職場にいくかどうかの選択肢が与えられたとします。

この場合、一つの場面の選択肢から二つの未来の可能性が考えられます。

行った場合と行かない場合です。

それぞれの選択肢でその日の出来事は大きく変わります。

要するに、2つの世界(世界線)に分岐するということです。

しかし、その次の日の出来事は大きくは変わらないと思います。

つまり、この現象が世界線の収束」です。

1つの場面の簡単な選択肢だけでは、その時の出来事は変わるかもしれませんが、未来の出来事は大きく変わることはないでしょう。

今作では、この「世界線の収束」という現象がとても大きな意味を持ち、岡部倫太郎を苦しめいきます。

 

未来ガジェット研究所

 未来ガジェット研究所とは、小さなビルの一角に事務所を構える、岡部倫太郎が設立した研究所のことです。(研究所とはいっても一般的な研究所のようなことはしていない)

岡部倫太郎はこの研究所でさまざまな開発品(未来ガジェット)を発明してきました。

そこで開発された未来ガジェットは以下のリンクでご覧ください。

未来ガジェット一覧

見てみるとなかなか面白いですよね。

岡部たちが開発したタイムマシンは、未来ガジェット8号機にあたります。

 

 ゲーム商品

 

*以下の二本は内容は同じです

フルアニメーション版    静止画版(従来通り)

       

 

続編 Steins;Gate 0

f:id:Salieri:20180924131351p:plain

あらすじ

2010年11月 β世界線ーーー

主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線

失意の底にある岡部倫太郎。

彼を心配する仲間たち。

救われなかった「彼女」はどうなったのか?

新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。

そう、そこに「彼女」は今もいるーーー

 

 PS4・PS3・PS Vita用ゲーム『STEINS;GATE 0』90秒トレーラー

 

上記で述べた「Steins;Gate」の正統続編です。

ストーリーの完成度も前作に比べても遜色なく、見て損はないと思います。

牧瀬紅莉栖をモデルとした人工知能アマデウス紅莉栖」紅莉栖に似た謎の少女を中心にストーリーが進みます。

 

「岡部倫太郎に突き付けられるβ世界線の行く末」「経験に基づくタイムリープの過酷さ」「決して逃れることができない世界線の収束の苦しみ」「タイムマシンを作ってしまったことの後悔」などたくさんの思いが岡部倫太郎を動かしていきます。

その思いを受けた岡部倫太郎が、鳳凰院凶真として復活する瞬間がとても待ち遠しいです。

また、新キャラクターの過去と現在に至るまでのストーリーに注目です。

この作品をみることで

Steins;Gate 0」の名前の意味も含めて、本当の「Steins;Gate」が完成します。

この作品まで含めての「Steins;Gate」だと思うので、「Steins;Gate」が好きな方は、蛇足だと思わずに、必ずプレイすることおすすめします。

 

キーポイント

人工知能 「Amadeus」

「Amadeus」は実際の人物の記憶をもとに開発された人工知能です。

そのため、より人間の言動に近い人工知能とされており、実際のもとになった人物と話をしているかのような錯覚に陥ることがあるとされています。

実際に岡部倫太郎がその錯覚に陥りそうになっているシーンが見られます。

ゲーム内では、牧瀬紅莉栖と新キャラ・比屋定真帆の記憶をもとにした「Amadeus」が登場します。

 

牧瀬紅莉栖の遺品

牧瀬紅莉栖の記憶をもとにした「Amadeus」と牧瀬紅莉栖の遺品がストーリーに大きく関係します。

「Amadus」も含め牧瀬紅莉栖の遺品を手に入れることで、タイムマシンに関する確かな情報をより多く手に入れることができるため、各国の情報機関がこれらの遺品を狙ってきます。

 

ゲーム商品

 

第3作 Robotics;Notes

f:id:Salieri:20180924092745p:plain

あらすじ

2019年。世界線変動率「1.048596」
フォンドロイド——通称『ポケコン』の普及により、拡張現実が身近な存在となった近未来の種子島
そんな島にある中央種子島高校『ロボット研究部』は廃部の危機に直面していた。
2名しかいない部員の1人で主人公の“八汐海翔”は、こんな状況でも「ロボ部」に興味を示さず、ひたすらロボット格闘ゲームに夢中。
そんな海翔を尻目に、猪突猛進のダメ部長“瀬乃宮あき穂”は「巨大ロボット完成」を目標に、目下の危機である廃部を避けるべく奮闘していた。
そんなある日、海翔はひょんなことから『君島レポート』なるA.R.アノテーションを発見する。
そこには君島コウという人物が書いた、世界を巻き込む陰謀の告発が記されていた。

 

 PS3・XB360 【ロボティクス・ノーツ】 最新PV

 

 他の科学アドベンチャーシリーズとは雰囲気が異なる作品です。

しかし、ストーリーはシリアスであることは変わりません。

舞台が種子島ということもあり、雰囲気はかなりのんびりとしています。

ストーリーの中心にあるものは、ガンヴァレルをつくろうプロジェクト(通称:ガンツク1)を完成させることであるため、青春的な作品でもあります。

大切な日常・人・ものが次々壊されてゆくその喪失感に仲間と共に立ち向かっていく、

仲間との絆の大切さをよく表した作品だと思います。

 

キーポイント

シュタインズゲート世界線

Robotics;Notesの世界は、世界線変動率「1.048596」、つまりシュタインズゲート世界線にあるということです。

前作「Steins;Gate」のネタバレになるので詳しくは述べられないのですが、平和で安定した世界線にいるということです。

また、Robotics;Notesでは前作「Steins;Gate」のキャラクターである天王寺綯が主要なキャラクターとして登場します。

 

AR・ARアノテーション

まずARの説明を簡単にしたいと思います。

AR(Augmented Reality、拡張現実)は、現実世界(風景など)にデジタル情報を付与すること・技術です。

また、ARアノテーションとは現実世界に付加するデジタル情報のことです。

具体例を挙げると、「Pokemon Go!」やNintendo3DSのARカードなどがあげられます。

この場合、ARアノテーションは「Pokemon Go!」では

出現するポケモン、ジムなどの施設の場所 など

があげられます。

Nintendo3DSのARカードでは、出現する3DオブジェクトがARアノテーションとなります。

そしてこのARアノテーションを読み取るためには、何かしらの機器やソフトが必要となります。

上で挙げた例では、必要となる機器はカメラです。

Robotics;Notesでは、カメラとあわせて「居ル夫。」というアプリでARアノテーションを読み取っています。

以上、長くなりましたが、上記のAR・ARアノテーションがストーリーに深くかかわってきます。

 

ガンつく1

ガンつく1とは、ロボ部部長・瀬乃宮あき穂が完成させようとしている巨大ロボットの名称です。

正式名称はガンヴァレルをつくろうプロジェクト試作1号機」

このロボットがなければ、300人委員会の計画は成功していたといって良いと思います。

 

君島レポート

君島レポートは、君島コウが300人委員会の陰謀を告発した告発文です。

君島レポートはARアノテーションであり、これを読み取るには「居ル夫。」というアプリが必要です。

主人公・八汐海斗は君島レポートをある日偶然発見してしまいます。

そして、もともと時間を持て余していた八汐海斗は、君島レポートを探し始めます。

この君島レポートを発見してしまったため、八汐海斗をはじめロボ部は大きな陰謀に巻き込まれることになります。

 

愛理(ゲジ姉)

 愛理(ゲジ姉)は「居ル夫。」を通さないと見ることができないAR少女です。(肉眼では見えない)。

愛理の額をタップすることでゲジ姉に切り替わります。

ゲジ姉は、「ロボット型の全自動情報収集エンジン」兼「愛理を補完するナビシステム」です。

愛理は君島コウと深い関わりをもっていて、ある役割を与えられています。

また、八汐海斗の君島レポートの探索を補助する人物です。

 

 ゲーム商品

 

*以下第3作 Robotics;Notesのネタバレを含みます。

続編 Robotics;notes Dash

f:id:Salieri:20180924212542p:plain

あらすじ

前作から約半年。高校を卒業し、ロボ部を離れた主人公・八汐海翔瀬乃宮あき穂らの夢を模索する姿を描かれる。そして、前作の黒幕、君島コウの復活。自らの記憶と人格をAIに載せ、デジタルな存在となって暗躍した「君島コウ」。彼のバックアップデータが解放され、前作で阻止された“人類牧場化計画”が世界に通じるネットワークの裏側で再び蠢きだす。 それを知った時、海翔たちはどうするのか!?

 

Dashでは、新たな主要な登場人物として、橋田至行船愛理(前作におけるAR愛理のオリジナル)が登場します。

ゲーム内の雰囲気は前作「Robotics;Notes」と同様にのんびりとしています。

続編である今作は君島コウが引き起こした事件のその後を描いた物語です。

海翔とあき穂の関係、昴とその父の関係、そしてあき穂とみさきの関係にどのような進展があるのか。

そして再び人類牧場化計画を目論む君島コウ

はたしてロボ部は再び君島コウの陰謀を防ぐことができるのか・・・。

また、橋田至サイドの人物の行動にも注目です。


『ロボティクス・ノーツDaSH』OPフル/公式MAD的なもの

 

ゲーム商品

   PS4       Switch

  

 

第4作 Chaos;Child

f:id:Salieri:20180924093611p:plain

あらすじ

”渋谷地震と呼称される震災から6年後の西暦2015年10月ーー

復興中の渋谷で奇妙な事件が続発する。ネット放送中に視聴者の前で謎の死を遂げる者。ストリートライブ中に歌いながら死にゆく者。

ラブホテルの天井から吊られ回っている死体。人々は気づき始めた。

事件の発生日は6年前の渋谷を騒がせたとある事件の日付と一致する。

ーーそう、これはニュージェネレーションの狂気の再来なのだと。

ただーーひとつだけ違うことがある。事件の現場に残されている謎のシール。不気味な力士を模したようなシールが事件の鍵になることを、まだ誰も知らない。暗躍する300人委員会。覚醒しつつある妄想具現者たち。彼らの”胎動”により妄想の扉が再び解き放たれる・・・・

 
CHAOS;CHILD ( 発売記念トレーラー ) [Playstation]

 

 この作品は、第1作「Chaos;Head」の続編のような作品となっています。

しかし、Chaos;Headをプレイしていなくても十分にこの作品を楽しめます。

ストーリーの中心にあるのは、

第1作「Chaos;Head」で渋谷を騒がせたあの「ニュージェネ事件」

及び、その事件と深く関わる事件である「ニュージェネレーションの狂気の再来」です。

主人公・宮代拓留がこの事件を追うことからストーリーがどんどん進んでいきます。

 

シリーズ内では特に、ストーリーにとても緊張感・緊迫感があり、テンポよく進んでいきます。

登場人物の心情もとても上手く表現できていて、ゲーム内の雰囲気がとても強く伝わってきます。

ストーリー展開も素晴らしく、相変わらずの予想外で先が読めない展開が非常に多くあり、ついつい長時間やり続けてしまいました。

主人公・宮代拓留が本当に望んでいたこととは何か?

そして、尾上世莉架の正体、来栖乃ノが隠してきた秘密、

暗躍する300人委員会とその関係者注目です。

 

キーポイント

渋谷地震

渋谷地震とは、6年前に渋谷で発生した大地震です。(渋谷地震は現実では発生していません。)

この地震により渋谷は荒廃し、多くの死傷者を出しました。

今作はこの渋谷地震発生から6年後の復興中の渋谷を舞台にストーリーが展開していきます。

 

連続猟奇殺人事件 「ニュージェネレーションの狂気」と「ニュージェネレーションの狂気の再来」

6年前に発生した「ニュージェネレーションの狂気」

その再来といわれる事件「ニュージェネレーションの狂気の再来」と呼ばれる事件が再び渋谷で発生します。

6年前に発生した「ニュージェネレーションの狂気」を超えるくらい凄まじい惨殺事件ですので、こちらも苦手な方は直視しないことをお勧めします。

主人公・宮代拓留は「ニュージェネレーションの狂気の再来」のような事件を待ち望んでいて、その事件を追うようになります。

そして、宮代拓留はこの「ニュージェネレーションの狂気の再来」の隠された真実を暴いていきます。

 

ギガロマニアックス (単一能力者)

Chaos;Headでもギガロマニアックスという言葉が出てきましたが意味は同じです。

ただ、今作のギガロマニアックスたちはChaos;Headのギガロマニアックスたちと比べてその能力はかなり劣っています

Chaos;Headのギガロマニアックスたちは妄想したことを自由自在に操ることができていました。

しかし、今作のギガロマニアックスたちはある一つの能力しか使えず、さらにその能力をうまく操ることができません。

そのため、うまく操ることができない能力に振り回され、どうしようもない状況や取り返しのつかない事態に陥ったりしてしまいます。

つまり、不完全な能力を持ってしまったため、逃れられない苦しい状況に陥ってしまっているのです。

 

力士シール

f:id:Salieri:20181228235832p:plain

このシールは実際に渋谷に貼られていたそうです。

「ニュージェネレーションの狂気の再来」・ギガロマニアックスに深く関係するシールです。

ストーリーとはあまり関係ですが、ゲーム内では宮代拓留の妄想により、このシールの目が開くことがあるので注意してください。

個人的には割と怖いと思ってしました。

 

ゲーム商品 

 

第5作 Anonymous;Code

f:id:Salieri:20180924094549p:plain

あらすじ

2036年2月6日15時28分15秒。

その時、世界中のあらゆるコンピュータは、1900年から刻まれたデジタルな標準時計の上限値

2億9496万7295秒をオーバーフローし、前防衛攻撃システムが誤作動するという最悪の事態へと繋がった。神の鉄槌のごとく地上に降り注いだ軍事衛星の咆哮は瞬く間に世界中の主要都市を壊滅させる。ニューヨーク、ロンドン、上海、モスクワ、そして、新宿。後に、「サッド・モーニング」と呼ばれる大規模災害である。果たしてこれは人類への裁きなのだろうか?だとすれば、裁こうとするそれは一体何者なのか。それとも、さらなる災厄の序章に過ぎないのか?不穏な気配を孕みながらアノニマス・コードの物語は幕を開ける。舞台は2037年東京都、中野。

「----神をハッキングせよ」


『ANONYMOUS;CODE』 プロモーションビデオ

 

Occultic;Nine

f:id:Salieri:20180924100126p:plain

あらすじ

世の中にあふれたオカルティックなインチキをバッサリ!のハズが……。

幽霊、UFO、UMA、超能力や黒魔術、都市伝説や超常現象と呼ばれる数多の不可解な出来事。
それらを信じるオカルト心棒派と、世の中にあふれたオカルトというインチキを科学的に暴き、論破しようとする者たちが集い、論争するブログ「キリキリバサラ」。

我聞悠太(がもん ゆうた)は「キリキリバサラ」の運営者。
その崇高な目的は、オカルトをネタにアフィリエイトで稼ぐこと。
自身はオカルトなんて信じちゃいないが、儲けになりそうなブログネタの取材に行った先で、他殺死体を発見する。
狼狽しながらも誰にも見つからずに逃げ出した悠太だが、図らずもそれは「ニゴロ事件」とも関係し、「幽霊」の存在に関わる大きな陰謀へと巻き込まれた事件となるのであった。

 

Paranormal Science Novel Occultic;Nine - Promotional Movie

 

 この作品は「超常科学ノベル」と呼ばれていて、「オカルト」などの「超常現象」をテーマにした作品です。

テーマは「オカルト」ですが、なんとそのオカルトも科学で説明できているのです。

 

ある日突然、何百人もの死体が池に浮き上がってくることを通りかかった人が発見し、マスコミによって世間に報道されます。

この出来事に我聞裕太が興味をもち、この不可解な事件について調べていくことでストーリーが進んでいきます。

そんな中明らかになっていく事件の真相と被害者、それを知った我聞裕太。

そして、その事件を調べる中で手に入れた情報。

それらを駆使して本当の事件の真相と黒幕を暴いていきます。

 

300人委員会は「オカルト」に分類される超常現象をどのように全世界支配に利用するのか注目です。

そして、その野望を阻止しようとする我聞裕太をはじめとする9人の救世主に注目です。

 

キーポイント

オカルト

現実では、科学では説明がつかない超常現象がオカルトに分類されています。

今作では「幽霊」・「死後の世界」というオカルト分野をテーマにストーリーが展開しています。

一見、科学では説明できないこの二つのテーマがテーマがストーリーに大きく関係しています。

そして、今作ではこの2つを利用して300人委員会はある計画を企んでいます。

 

二ゴロ事件

ある朝、とある池で256人の死体が見つかった事件。

その被害者数からニゴロ事件と名づけられました。

ストーリーはこの事件から展開していきます。

そして、別の事件で入手した情報と公開されたニゴロ事件の情報から、ある真実が明らかになります。

 

 ゲーム商品

 

関連記事

よろしければこちらもどうぞ ↓

salieri.hatenablog.com

 

【試作】JavaScriptでBMIを計算するWebアプリ

 




機械学習アルゴリズムを制御する重要なパラメタ

scikit-learnで提供されている機械学習アルゴリズム重要なパラメタについてまとめてみた。

k-最近傍法(KNeighborsClssifier、KNeighborsRegressior)

訓練データに含まれる点の中で予測したいデータポイントに最も近いものを見る。予測にはこの点に対する出力をそのまま用いる。

近傍点の数(n_neighbors)

見る近傍点の数を調整するパラメタ。実用上は、3や5程度の小さな数で十分。

データポイント間の距離測度の選択

デフォルトではユークリッド距離を用いる。

 

線形モデル回帰(LinearRegression、Rigde、Lasso)

入力特徴量の線形関数を用いて予測を行う。

一般的な予測式は

y = w[0] * x[0] + w[1] * x[1] + ・・・+ w[p] * x[p] + b

なお、wは重み、bは切片。

LinearRegressionにはパラメタはないため、以下はRigdeとLassoに関しての話。

正則化の強度(alpha)

正則化の強度を調整するパラメタ。

RidgeではL2正則化、LassoではL1正則化の強度を調整する。

値が大きいほど強度も強くなり、使用する特徴量の重みが0に近づく(0になる)。

なお、Lassoには最大の繰り返し回数を指定するパラメタ(max_iter)もある。

 

線形モデル分類(LinearSVC、LogisticRegression)

正則化の強度(C)

基本的には上記のパラメタalphaと同じ。

ただし、alphaと違って値が小さいほど強度も強くなり、使用する特徴量の重みが0に近づく(0になる)。

 

最後に線形モデルに共通することとして、L1正則化とL2正則化のどちらを使うかも重要である。

 

ナイーブベイズクラス分類器(GaussianNB、BernoulliNB、MultinomialNB)

線形モデルによく似たクラス分類器。

訓練が線形モデルよりも高速だが、汎化性能は劣る場合が多い。

以下はBernoulliNBとMultinomialNBに関しての話。

モデルの複雑さを制御する(alpha)

モデルの複雑さを制御するパラメタ。

alphaが大きくなるとスムーズになり、モデルの複雑さは減少する。

だが、アルゴリズムの性能はalphaに対して頑健である。

 

決定木(DecisionTreeRegressor、DecisionTreeClassifier)

決定木では事前枝切り事後枝切りというモデルを制御するための2種類の方法があるが、ここでは事前枝切りについて話す。

事前枝切りパラメタ(max_depth、max_leaf_nodes、min_samples_leaf

max_depth木の深さを制限するパラメタ

max_leaf_nodes葉の最大値を制御するパラメタ

min_samples_leafは分割する際に含まれるデータポイントの最小数を決めておくパラメタ。

決定木では過剰適合しやすいため、この事前枝切りまたは事後枝切りが非常に重要となってくる。

さらに決定木には、よりモデルの精度を向上させるためのアンサンブル法という方法がある。

 

決定木のアンサンブル法(RandomForestRegressor、RandomForestClassifier、GradientBoostingClassifier)

決定木のアンサンブル法には、ランダムフォレスト勾配ブースティング回帰木というものがある。

ランダムフォレストとは、少しずつ異なる決定木を集めたものである。

決定木は一部のデータに過剰適合する場合が多いため、それぞれ異なるデータに過剰適合した決定木を作り、そのデータごとに平均をとれば過剰適合の度合いを減らすことができる。

勾配ブースティング回帰木とは、複数の決定木を組み合わせる。1つ前の決定木の誤りを次の決定木が修正するようにして決定木を作っていく。

決定木である以上、事前枝切りまたは事後枝切りのパラメタは重要である。

最初はRandomForest(ランダムフォレスト)に関する話。

構築する決定木の数(n_estimators)

構築する決定木の数を調節するパラメタ。

大きければ大きいほど良いが、訓練時間やメモリが必要になってくる。

 

特徴量サブセットの大きさ(max_features)

大きすぎると過剰適合を引き起こし、小さすぎるとそれぞれの決定木をかなり深くつくらないとデータに適合できなくなる。

一般にはデフォルトの値を使うと良い。

 

次はGradientBoosting(勾配ブースティング)に関する話

構築する決定木の数(n_estimators)

上記と同様だが、ランダムフォレストとは違い大きくしすぎると過剰適合を引き起こす。

決定木の誤りを補正する度合い(learning_rate)

個々の決定木がそれまでの決定木の誤りを修正する度合いを制御するパラメタ。

構築する決定木の数を決めておき、決定木の誤りを補正する度合いを調べる方法が良く用いられる。

 

サポートベクタマシン(LinearSVC、SVC

より複雑なモデルを可能にするために線形サポートベクタマシンを拡張したもの。

正則化の強度(C)

線形モデル分類のCと同様。

 

そのほか、カーネルの選択とカーネル固有のパラメタも重要なパラメタである。

 

ニューラルネットワーク(MLPClassifier)

f:id:Salieri:20190328142541p:plain

 

ニューラルネットワークでは、隠れ層の数と層あたりの隠れユニット数が重要なパラメタである。

 

参考書籍

Googleがゲーム業界に参入!新ゲームサービス「Stadia」

みなさんこんにちは!

早速ですが、Google新ゲーム・ストリーミング・サービス「Stadia」を発表したことについて書いていこうと思います。

Googleの新サービス「Stadia」

2019年3月にGoogleが新ゲーム・ストリーミング・サービス「Stadia」を発表しました。

ここで、まずは簡単に「ストリーミング・サービス」とは何かから。

ストリーミング・サービスとは、負荷の高い(計算)処理などをサーバー側に任せてリアルタイムでサーバーからその処理結果のみを受け取り、個々の端末の画面に表示させるというものです。

動画配信サービス「Youtube」もこのストリーミング・サービスの1つです。

このストリーミング・サービス全般のメリット・デメリットとして、

  • 端末のスペックが多少低くても問題ない点
  • ダウンロードをする必要がないため、すぐにプレイできる点
  • さまざまなハードウェアに対応している点
  • 通信量が多くなりやすい点
  • 通信環境(Wi-fiなど)が整っており、ある程度の通信速度が必要な点

などがあげられます。

本題に戻ります。このStadiaのすごいところから話していこうと思います。

Stadiaのすごいところ

  • 対応ハードウェアがとても多い
  • 端末のスペックを気にせずゲームができる
  • 端末から端末へ一瞬でプレイを移行できる
  • コントローラーでもタッチパネルでも操作できる
  • 今までにないくらい、高画質・高グラフィックでプレイ・配信ができる

他にもたくさんありますが、なんといってもStadiaのすごいところは高グラフィックにも関わらず普通にプレイできることにあると思います。というよりすべてがハイレベルで今後のゲーム業界に大きな革命をもたらしそうです。

興味があるかたはこちらに詳しい詳細が載っています。

www.gizmodo.jp

今後のゲームはどうなっていくのか非常に楽しみです。

f:id:Salieri:20190320185145p:plain

 

機械学習によく用いるライブラリ

scikit-learn

f:id:Salieri:20190315164404p:plain

https://scikit-learn.org/stable/

機械学習分野において、もっとも重要なライブラリ

さまざまな最先端の機械学習アルゴリズムが用意されている。

アルゴリズムにはNumpyScipyに依存しているため、scikit-learnを使用するにはNumpyとScipyをインストールする必要がある。

提供されているアルゴリズムについては以下のリンクを参照

クラス分類アルゴリズム

https://scikit-learn.org/stable/supervised_learning.html#supervised-learning

回帰アルゴリズム

https://scikit-learn.org/stable/supervised_learning.html#supervised-learning

 

Numpy

f:id:Salieri:20190315164441p:plain

http://www.numpy.org/

科学技術計算をする際の基本的なツールの1つで、scikit-learnなど多くのライブラリに利用されている。

また、機械学習で用いる訓練データはNumpy配列のものが多い。

多次元配列機能線形代数などをはじめ高レベルの数学関数が用意されている。

 

Scipy

f:id:Salieri:20190315164520p:plain

http://scipy-lectures.org/

Numpyと同じく科学技術計算を行うための関数を集めたライブラリ

Numpyと異なる点として疎行列を表現できる関数を持つ。(scipy.sparse()

scipy.sparse()はScipyで重要な要素の1つである。

 

matplotlib

f:id:Salieri:20190315164618p:plain

https://matplotlib.org/index.html

データ可視化を実現する関数群を提供している、科学技術計算向けのグラフ描画ライブラリ

データや解析結果をさまざまな視点から可視化できる重要なライブラリである。

折れ線グラフヒストグラム散布図などさまざまな可視化方法を提供している。

基本的にはmatplotlib内のパッケージ「pyplot」を通して、matplotlibの機能を活用する。

matplotlib.pyplotパッケージにある関数は以下のリンクを参照

https://matplotlib.org/api/_as_gen/matplotlib.pyplot.html

 

pandas

f:id:Salieri:20190315164706p:plain

https://pandas.pydata.org/

データの変換や解析するためのライブラリ外部からデータを取り込む機能を持つ関数があるため、重宝されている。

pandasはDataFrameというデータ構造を中心に構成されている。

DataFrameとは表(Excelスプレッドシート)のようなもので、Pandasはこの表を操作するさまざまな関数などを提供している。

上記で説明したがさらに、エクセルファイルCSVファイルSQLデータベースなど、さまざまなファイルフォーマットやデータベースからデータを取り込む機能も持っている。

 

Jupyter notebook

f:id:Salieri:20190315164745p:plain

https://jupyter.org/

こちらはライブラリではなく、探索的なデータ解析をする際には非常に有用なツールである。データサイエンティストも利用している。

ブラウザ上でコードを実行するためのインタラクティブな環境を実現できる

実行結果を記録・確認できるため、精度が高い学習器(学習モデル)を効率よく作成することができる。

その他さまざまな便利な機能も備わっている。

 

以上が機械学習をする上でよく用いられるライブラリである。

さらに、上記のライブラリ及びツールなどを内包したディストリビューションも存在する。ここでは1つ紹介する。

Anaconda

f:id:Salieri:20190315164824p:plain

https://www.anaconda.com/

大規模データ処理予測解析科学技術計算向けのPythonディストリビューション

NumpyScipymatplotlibIPythonJupyter notebookscikit-learnが含まれる。

Anacondaをインストールするだけで、Pythonもインストールされ、さまざまなアルゴリズムを用いて機械学習を行うことができるため、これから機械学習を試そうとしている方におすすめのディストリビューションである。

 

 pipコマンドについて

ライブラリをインストールし利用するには、上記のようなディストリビューションをインストールするのが手っ取り早く、簡単である。

しかし、Pythonがインストール済みであればpipコマンドで任意のライブラリをインストールすることもできる。

使い方は下の通りである。

f:id:Salieri:20190314220747p:plain

ある1つのライブラリを使いたいなら、こちらの方が手っ取り早い。

 

参考文献

    

最強アニメキャラ、いろいろなジャンルの最強まとめてみた!

今回はアニメキャラのいろいろな意味でのNo.1キャラをまとめてみました。

まさに圧倒的!!正真正銘の最強キャラ

全能力者の頂点! 一方通行(アクセラレータ)/『とある』シリーズ

f:id:Salieri:20190221202850p:plain

「そもそも、何で俺とオマエが第一位と第二位に分けられてるか知ってるか。その間に、絶対的な壁があるからだ。」

とある魔術の禁書目録」と「とある科学の超電磁砲」に登場するキャラクター。

園都市のレベル5のなかでも頂点に君臨しているが、実際には第2位の垣根帝督との能力差はかなりあると思われる。その証拠に第3位の御坂美琴でさえ手も足も出なかった。

レベル6に最も近い存在とされ、そこに至るための実験にも参加していた。

 

世界に選ばれしもの、シンドバッド/『マギ』

f:id:Salieri:20190221204857p:plain

「俺たちの世界への招かれざる客なら・・・排除する。たとえどんなに崇高な『神』たる存在であってもだ。」

14歳の時に第1迷宮「バアル」を攻略し、以来七つの海と迷宮を制覇して七体のジンの主となった「伝説の複数迷宮攻略者」

世界で3人しかいない複数の金属器を所有する者であり、「七海の覇王」の異名を持つ。

さらにシンドリア王国初代国王であり、敵対組織アル・サーメンからは常に警戒されており彼らからは「第一級特異点の異名で呼ばれている。

七体のジンのうち、「バアル」の極大魔法「雷光滅剣」が最も強力な魔法だと思われる。

なお上の画像は「フォカロル」の全身魔装の姿。

 

地球を壊す超生物、殺せんせー/『暗殺教室

f:id:Salieri:20190221203146p:plain

「私は地球を滅ぼしますが、その前に君達の先生です。君達と真剣に向き合う事は・・・地球の終わりよりも重要なのです。」

月を破壊し、1年後地球を壊すと言い出した超生物。

マッハ20(=24480km/h)で飛び回る劇毒物を飲んでも死なず鉛の銃弾を受けても体内で全て溶かしてしまうなどの特性を持つ。

また動体視力も良いらしく(マッハ20で飛び回っているため?)、銃弾を簡単に止めることができる。

さらに超速再生能力もあり、ダメージを負ってもすぐに再生することができる。

 

すべて敵をワンパンチ、サイタマ/『ワンパンマン

f:id:Salieri:20190221203628p:plain

「正義執行」

すべての敵をワンパンチで倒してしまう最強超人。

毎日地道な筋トレがストレスとなったためか、髪の毛が生えなくなり結果禿げてしまったが、その代償として絶大な力を手に入れた

普段は全力で戦っておらず、軽いパンチのつもりでも敵を粉砕してしまう。

全力を出した場合、地形変動を引き起こすことや月から地球への帰還も可能である。

本人はすべて1発で終わってしまうためか、絶大な力を手に入れても何も良いことはないと語っている。

 

狂気の心と不死身の体、佐藤/『亜人

f:id:Salieri:20190221203914p:plain

「衝戟に備えろ」

命を絶つにより五体満足で復活できる不死身の人間。

さらに佐藤は自ら命を絶つことを躊躇しない強靭な精神力を持っているため、まさに誰にも止めることができない最強の人間である。もちろん、人間を殺すことにもためらいがない。

また、元精鋭軍人であることから刃物、銃器、格闘技などさまざまな技術を習得している。

そしてなにより恐ろしいのが、想像を絶することをいとも簡単にやってしまうことである。しかも、笑いながら・・・。

 

あらゆる技を一見で、鑢七実/『刀語

f:id:Salieri:20190221205210p:plain

「私がその気だったら、あなたはそうして倒れるまでに272回死んでいる」

あらゆる技を一度見ただけで極めることができる女の子。

作中では他人の技をまねて戦うが、実際は自身の体が病弱であるため自分の技に体が耐えられないので、他人の技をまねて戦っている。

身内以外には一切の感情を向けないが、弟の鑢七花にだけは愛情を持って接しているようだ。

ただ、性格は残虐極まりない

 

略奪能力から万能へ、乙坂有宇/『Charlotte

f:id:Salieri:20190221205026p:plain

「だから僕は行くんだよ、これ以上大事な人を不幸にしない為に・・・」

他人の特殊能力を奪い、自分の能力にできる「略奪能力」をもつ。

世界にはさまざまな特殊能力者がおり、とあるきっかけで世界中の特殊能力者から能力を奪うことを決心する。

性格は友達思い、そして妹思いの良心的な性格である。

 

仲間と共に戦う、自衛隊/『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

f:id:Salieri:20190221205322p:plain

「最後まで責任が持てないのなら、何もするな。」

組織として最強の部類に入ると思う。

モデルは見ての通り、現実の自衛隊である。

作中では日本に攻めてくる敵軍を撃退したり、ドラゴンすらも撃退、必要に応じて討伐するなどかなりの強さを誇る。

一方で、攻めてきた敵国とは友好条約を結び、平和的解決の道を探っている。

また、異世界の難民も保護しており、今作の自衛隊はかなり現実の自衛隊に近いものとなっている。

誰にも止められない!!限界を超えた最強キャラ

全生物を凌駕!究極生命体カーズ/『ジョジョの奇妙な冒険Part2 戦闘潮流

f:id:Salieri:20190221205833j:plain

「どんな手をつかおうが………最終的に…勝てばよかろうなのだァァァァッ!!」

柱の男・カーズが、「エイジャの赤石」を填めた石仮面を被ったことにより到達した究極生命体の姿。

能力詳細は以下の通り。(拡大してみてください)

f:id:Salieri:20190227153001p:plain

これに加え、弱点である太陽光も克服したため無敵となった。

 

100%で何かが起こる、影山茂雄(モブ)/『モブサイコ100』

f:id:Salieri:20190221205928p:plain

「もし僕が誰かを呪いたくなったら…
もし僕が犯罪に”力”を利用したら…
もし僕が『霊じゃなく、ヒトを退治したい』なんて考えてしまったら…

誰かが僕を懲らしめてくれるのかな…」

モブが、感情を爆発させた際に超能力を制御できない状態

制御している状態とは比べものにならないほどの力を秘めており、その力は他の超能力者を遥かに上回る。

制御不能になったモブも凄まじいが、それをうまくアニメーション化したアニメーション制作会社MAPPAもすごい。

とにかく暴走状態の作画から感じられる迫力が凄まじい

 

最弱を持って最強を打ち破る!黒鉄一輝/『落第騎士の英雄譚

f:id:Salieri:20190221210151p:plain

「僕の最弱を以て、君の最強を打ち破る。」

「一刀修羅」を使用した状態の黒鉄一輝。

一刀修羅とは、「1分間で全力を使い尽くす」能力。 

身体のリミッターを外し、限界を越えた力を出す事で、強化倍率を十数倍にまで跳ね上げる。ただし、1日1回の制限があり、1度使うと止める事も出来ない。

最弱である黒鉄一輝が最強を打ち破るために編み出した本物の必殺技

 

破壊と殺戮の妖夢を宿した少年、神原秋人/『境界の彼方

f:id:Salieri:20190221210309p:plain

「なに怯えてるんだよ?安心しろ、お前は全部僕だ。全部僕の中にあったものだ。そのどす黒い嫉妬も、決して人にはなれないという絶望も、見捨てられた悲しみも、誰かを傷つけた後悔も!我儘も、猜疑心も、憎悪も諦めも、狡猾も保身も!何一つ外になんか出さない。それは全部僕のものだ、全て僕が持っていく!僕は不死身の半妖だ。」

限度を超えたダメージを受け、秋人に潜んでいた妖夢が表に出てきた状態。

秋人に潜んでいる妖夢は、破壊と殺戮に長けた最強の妖夢であり、ひとたび表に出てくると周囲に甚大な被害をもたらす。

戦闘能力も極めて高く、どの異界士も秋人を止めることができない。

 

すべてを捨てた代償に手に入れた絶大な力、ゴン/『HUNTER×HUNTER

f:id:Salieri:20190221210618j:plain

「もう これで終わってもいい だから ありったけを」

自身の命を縮め強制的に肉体を成長させた状態

才能と資質を全て投げ打ち将来に渡って二度と念能力を使えなくなってもいいというほどの覚悟が必要であり、実際にこの後、ゴンは意識不明の重体に陥り、念能力を使えなくなった。

まさに、念能力のハイリスクハイリターンの究極形

すべてを予測する、頭脳明晰な最強キャラ

無敗の天才ゲーマー兄妹、空・白/『ノーゲーム・ノーライフ

f:id:Salieri:20190221210721p:plain

「この世に運なんて存在しない。ルール、前提、心理状態。そんな無数のみえない変数がもたらす予測できない必然で、ゲームの勝敗は始める前には終わっているんだ。偶然なんてない。」

いまだ負けたことがない天才ゲーマー。

ただし、お互いがお互いの弱点を補完しあっているため、一人だと隙が生まれてしまう。

現代にいたころは、数々の専門書を読み漁っていた。これがのちの異世界転生の大進撃において、大きな要因の1つとなる。

異世界転生したあとも常に二人で行動し、異界序列最下位の種族「イマニティ」を絶望の淵から救うだけでなく他種族も仲間に引き入れるなど、ゲーマーとしての駆け引きだけでなく、国家の政策においても天才的な裁量を誇っている。

 

新世界の神となる男、夜神月/『DEATH NOTE

f:id:Salieri:20190221210843p:plain

「僕はキラ、そして新世界の神だ!
今の世界では、僕が法であり僕が秩序を守っている!これは事実!
もはや僕は正義!世界の人間の希望!」

端正な容姿優秀な頭脳、スポーツなど各方面において卓越した才能を発揮するなど、完璧で隙のない天才。

純粋で強い正義感をもっていたが、DEATH NOTEを使用していくうちに独善的な歪んだ正義感へと変わっていってしまった。

ありとあらゆる人物・ものを利用し、時にはDEATH NOTEを手放し記憶さえも捨て敵である「L」の信頼を得ようとした。

記憶を失った後から再び記憶を取り戻すまでの過程も彼のシナリオ通り進んだため、彼の手に再びDEATH NOTEが戻ることになった。

とにかく、類をみない、天才である。

 

タイムマシン開発に貢献した天才脳科学者、牧瀬紅莉栖/『Steins;Gate

f:id:Salieri:20190221211022p:plain

「これまでの自分を否定したくないの

例え失敗ばかりだったとしても

それを含めて今の自分があるんだから」

18歳で科学誌に論文が載った天才脳科学にして、専門分野外のタイムマシンを開発した少女。

18歳で天才と呼ばれるほどの頭脳を持っているが、その頭脳のせいで親子関係が崩壊したり、研究所内で妬みをいわれるなど、それなりの深い悩みも抱えている

果ては、とある組織の陰謀にも巻き込まれることとなってしまった

ツンデレだが、他人を思いやり自らが犠牲となることもいとわないなど、非常に他人思いな一面も持つ。

同作品の主人公はどうしようもない状況の中で追い詰められ、そんな中、彼女に助けを求め共に解決の糸口を探っていくこととなる。

視聴者の心を乱す!?ゲスの極みキャラ

現在でも語り継がれる歴代アニメ屈指のクズ、伊藤誠/『School Days

f:id:Salieri:20190221211121p:plain

「もう何もかも面倒なんだよ・・・」

女子2人の人生全てを台無しにした張本人

当初はまじめで好青年の印象で女子のことをよく思っていたが、次第にその好印象が崩れ始める。

そして、ついにやらかしてしまい最も言ってはいけない言葉を口にしてしまう。

この件が解決した後の彼を知る者はおそらくいないだろう。

 

面白ければ家族の思いすら踏みにじる、佐久間恒/『Chaos;Child

f:id:Salieri:20190221211303p:plain

連続殺人事件の黒幕

ただ殺すのに飽き足らず、猟奇的な方法で殺人を犯していく

さらに、血は繋がっていないとはいえ、自身のことを信頼していた家族までも手にかけた。

事件非実在青少女」はキャラクターだけでなく、視聴者の心にも深く突き刺さった

 

気持ち悪さNo.1!?私利私欲のために突き進む、須郷伸之(オベイロン)/『ソードアート・オンライン

f:id:Salieri:20190221211211p:plain

「うーん、いい香りだ。アスナ君の香りを再現するために病室に解析機まで持ち込んだ努力を評価してほしいねえ」

同作ヒロインアスナ陵辱的な行為をして有名になった。

ゲーム内の自らの立場を悪用し、アスナを手中に収めようとしたが、同作主人公主人公「キリト」によって阻止された。

行動、顔芸?の気持ち悪さではトップクラスかもしれない。